スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ日本酒のおちょこはすごく小さいのですか?

2012.04.17 20:18|お酒にまつわるあれこれ
Sake Cup choices - Tempura HajimeSake Cup choices - Tempura Hajime / avlxyz
日本ではイマイチ盛り上がりに欠ける"SNS形式のQ&Aサイト"Quqraを久しぶりに見ていたら、こんな質問が載っていました。

Why are sake cups so small?
なぜ、日本酒のカップはとても小さいの?

うーーーーーーん ・・・( ̄. ̄;)エット( ̄。 ̄;)アノォ( ̄- ̄;)ンー
そういえば、どうしてなんだろう?
という訳で、今回は「おちょこはなぜ小さいのか?」を調べてみました!!!

おちょこが小さいナゾに迫るべく、早速、Google先生に聞いてみました。すると、やはり同じ疑問を持った人がいました。


http://okwave.jp/qa/q7193983.html

江戸時代の初め頃に清酒が生まれるとアルコール度数が上がりました。但し、高級な為に少量で酔う為に癇酒にした様です。
同時に少量を口に入れる方が酔いも早く味を楽しめる。
一石二鳥だった様です。


知らなかった!!オオオォォォ!!(ノ゚□゚)ノ そういうことなの!?なんだか貧乏長屋を題材にした落語みたいでおもしろいです!!
でも、という事は、冷だったらおちょこじゃなくてもいいという事なんですかね??よくあるガラスの徳利と猪口のセットというのは本来の意味から考えるとちょっとおかしいという事なんでしょうか??

もう少し調べてみました。

http://ameblo.jp/mari-wanoiro/entry-11196260757.html


 現代は、手に収まる小さいサイズですが、古くはもっと大ぶりでした。
中世では、お酒を飲むことが儀式的に行われ、一つの盃で回し飲みし、主従の結束や共同体の絆を深めるためのお酒でしたが、江戸時代に入り、個人個人が飲むようになり、小型に。


なるほど!!オオーw(*゚o゚*)w個人個人で飲むようになったからそれに伴い盃が小さくなったという事なんですね!

戦国時代に武将たちが大きな盃で回し飲みするというのはなかなか勇壮な感じがします。江戸時代、浪人なんかが蕎麦屋で晩酌している姿もいい感じですよね~。どちらも時代劇中の一コマとしてよく出てきそうです!

でもこの感じ、日本の文化に慣れ親しんでいない人にわかるかなぁ?やっぱり日本酒というのは飲んで美味しい!という事に加えて「日本の文化」という側面が大きいと思います。「個人で飲むから盃が小さくなった」という事だけを受け取るとすごく味気ないですよね。

日本酒・焼酎は「国酒」、海外に展開…戦略相なーんて記事が数日前、新聞にも載っていましたが、日本酒を売ると同時に日本の文化のオモシロさも伝わればいいなぁと思います。

なんて、ちょっと偉そうな事を言ってみましたが、浮世絵もアニメもその他色々な日本の文化を取り込んでいる外国の人はたくさんいるし、そのうち彼らに知識不足を指摘されてしまうかも。そうならないように、がんばろう~。

テーマ:お酒
ジャンル:グルメ

tag:酒器 おちょこ

コメント:

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

チモ太

Author:チモ太
食べる事大好き・お酒大好き大人女子です!
日本酒を中心に、お酒にまつわる私の物語をお伝えしていきたいと思いますので、宜しくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。